2017年青年経営者全国交流会in茨城のご案内

青年経営者全国交流会とは

歴史
1971年ころから、名古屋同友会や兵庫同友会では、「青年同友会」が設立され、青年経営者や後継者の間で横のつながりが生まれはじめました。それら同友会を中心に各同友会の青年経営者の強い要望から青年経営者全国交流会(青全交)が開催されることになりました。
青全交については、中同協協賛という形で支援し、中同協幹事会が直接責任を負ったものではなく、各地同友会の役員会・事務局の協力を得て、自主的に取り組まれたところから出発しています。
それを第4回から中同協主催とし、企業と同友会運動の後継者育成を主目的に位置づけ、以降三大行事の一つとして発展していきました。
第1回の青全交は、1973年に兵庫で、第2回は翌74年名古屋で行われ、毎年の開催が定着していきました。分科会の助言者や全体会議での記念講演には各同友会の会長、代表理事、常任理事などが指導的な役割を果たしています。
青全交の発展には各地の同友会に青年経営者の組織を生んできました。
(中同協30年史より)
青全交の位置づけ
企業後継者の養成と同友会運動の後継者養成を主眼とし、次代を担う青年経営者が同友会運動の中で育った先輩経営者と共に学び研修する場。
参加者の年齢は問わず、企業革新と自己変革の意欲に燃える若々しい情熱=”青年の志”を持って集うことをが特色。
1.全国の青年経営者が心から語り合い、友情を深め、連帯を強める
2.全国の青年経営者の豊かな経験を学び合い、経営者としての資質を研磨しあう
3.全国の青年経営者が、同友会運動の担い手として成長するよう経験を交流し、励ましあう

 

青全交は現在毎年9月に行われ1000名以上の青年経営者が2日間学びあっており近年の開催地は以下の通りです。
2013年東京 2014年奈良 2015年山梨 2016年石川 2017年茨城
2018年沖縄 2019年熊本 2020年愛知

茨城同友会は2017年青全交開催地に立候補し準備を致しております。

2015年青年部委員会設立

茨城同友会の若手経営者同士で喜びや悩みを共有し結束を深め、また全国の青年部との交流を活発化する為に青年部委員会を設立いたしました。

入会のご案内
第31期役員一覧
会報
茨城同友会バナー茨城同友会へのリンクバナーはこちらをお使い下さい

同友会リンクサイト

jobway
 
doyu-net
 
同友会会員検索
 
e-doyu