県央海浜支部2月例会のご案内

売り手よし 買い手よし 世間よし

~ご縁を大切にする志と地域愛から導かれた新事業~

報告者 小田部 伸さん (有)鍋屋本店 代表取締役

創業370年、江戸時代から屋号 『鍋屋』として鋳物製品を販売

近年100年間は、米穀の卸業務を軸に事業展開しています。

ご縁を大切にする想いから、地元の活性化や地域貢献に努めています。

そして東日本大震災を期に、地域復興とは何かを真剣に考えました!

ピンチのときがチャンスだと原点回帰し震災後は、鍋屋ブランドとして『かさま焼き芋』 『かさま焼き栗』 笠間稲荷近くにCAFEもオープン

お客様が『笠間カフェの店員のおばちゃん元気かな~?』と楽しみに遊びに来ていただけるような商いをしたいと語る小田部さん。

多角化経営の新事業と地域への情熱が結びつくものとは?

会場 ワークプラザ勝田 研修室3

日時 2018年2月27日(火)18:00開場

オブザーバー大歓迎!

グループ討論テーマ:あなたの会社ではリスク管理のためにどんな準備をしていますか?~新事業(第二創業や業態転換などを含む)の取り組みへの仕組みと体制~

県央海浜支部2月例会案内

e.doyuからご登録をお願いします