経営指針成文化セミナー

経営指針は何故必要か?
21世紀にはいって中小企業をとりまく状況は更に厳しくなっています。
産業の空洞化が進み、地域経済が危機に晒され、中小企業によって立つ基板が大きく崩壊しつつあります。更に長期不況が追い打ちをかけています。また市場も変化し量より質へ本物志向となる一方で、 IT化の進展も本格化しています。これらの動き、いずれをとっても従来の経営のやり方では対応できません。今こそ環境変化を的確にとらえ、 ぶれない座標軸を持った経営が必要となっています。経営環境が構造的に変化している中で企業も小手先の改善に終始する事なく、構造的に変わっていかなくてはなりません。 報道により老舗企業が倒産するニュースを聞くと社員に不安が募ります。そんな時、社員の不安を取り除く事も経営者にとって 大切な事です。中小企業家同友会はそんな時代にも生き残ることができる21世紀型企業づくりを提唱しています。
【21世紀型企業】
「1 自社の存在意義を改めて問い直すと共に、社会的使命感に燃えて事業活動を行い、国民と地域社会からの信頼や期待に高い水準で応えられる企業」
「2 社員の創意や自主性が十分に発揮できる社風と理念が確立され、労使が共に育ちあい、高まりあいの意欲に燃え、活力に満ちた豊かな人間集団としての企業」
そのような21世紀型企業の経営を目指していく中で、必要になってくるのが経営指針です。
同友会が提唱する経営指針とは、経営理念・経営方針(ビジョン)・経営計画 の3つを総称しています。
経営理念とは企業の社会的存在価値やどんな内容の企業を目指すのかを表すもので、経営者の哲学・経営感が色濃く反映され、更には科学性(事業としての市場や環境への適合性)、社会性(地域社会人間生活への貢献内容)、人間性(社員と共に目指す企業像)を表し企業の根本的な考えを明示するものです。
経営方針(ビジョン)は経営理念に基づいて長期の目標と到達の道筋を示したものです。
経営計画は、目標に対しそれを達成するための手段・手順を具体的に策定するものです。
経営指針成文化セミナーでは毎年5月から2月に各企業の経営指針の確立を行い3月に発表の場を提供しています。

茨城県中小企業家同友会経営指針成文化セミナー第15期発表会の様子

seibunka4 seibunka2

seibunka1 seibunka5

seibunka6 seibunka3

入会のご案内
第31期役員一覧
会報
茨城同友会バナー茨城同友会へのリンクバナーはこちらをお使い下さい

同友会リンクサイト

jobway
 
doyu-net
 
同友会会員検索
 
e-doyu